治療費 – price list

インプラント

検査・診断(CT撮影込み) 25,000円
インプラント本体(1次手術) 200,000円/本
アパットメント(2次手術) 50,000円/本
上部構造(金属) 40,000円
上部構造(オールセラミック) 100,000円
骨増成(必要時) 50,000円~100,000円
ソケットリフト法(必要時) 100,000円~
参考) インプラント1本の場合
検査・診断(CT撮影込み) 25,000円
インプラント本体(1次手術) 200,000円
アパットメント(2次手術) 50,000円
上部構造(金属) 40,000円
総 額 315,000円
チタンと骨が極めて強固に結合するインプラントは、35年前にスウェーデンのブルーネンマスク教授が見出した概念で、当院使用のアストラテックインプラントはその流れをくむ優秀なインプラントになります。

お支払い方法

現金でのお支払いはもちろん、患者さまのご都合に合わせてローン及び各種クレジットカードがご利用できます。 ※ローン及びクレジットカードは自費診療分のみの適用となります。

利用可能なクレジット会社

VISA、マスター、アメックス、JCB、ダイナース、DCなどがご利用できます。

治療費のお支払について

医院では、患者さんの負担を最小限に抑える努力をしています。 支払方法には、現金一括払い、分割払い、カード(JCB、VISA、MASTER、DC)、によるリボ払い、分割払い、ボーナス払いがあります。 以上治療が完了するまでにいずれかの方法で治療費の精算をしていただきます。

医療費控除について

治療には、保険控除の対象になるものと自費になるものがございます。 より違和感のない、機能的、審美的に満足のいく治療が自費診療に結びつきますが、自費料金は比較的リーズナブルな料金設定がしてあります。 身体に良いもの、見た目にも良いものを、出来るだけ多くの患者様により良い治療(最適な治療)が提供出来ることを願っておりますので、スタッフに気軽にご相談ください。

医療費控除について

医療費控除は、自分自身やご家族のために医療費を支払われた場合に、一定の金額を所得金額から差し引くことができます。 医療費控除によって差し引かれた金額に応じて所得税が軽減されます。

医療費控除の対象

○ 自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費 ○ その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費で、未払のものは対象になりません。 ★ 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例 (国税庁「タックスアンサー」) http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

医療費控除の対象となる金額

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。 (実際に支払った金額 – Aの金額) – Bの金額 A: 保険金などで補てんされる金額 【例:生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される治療費・家族療養費・出産育児一時金など】 B: 10万円 注)その年の所得金額の合計が200万円未満の人はその5%の金額

控除を受けるための手続

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出して下さい。 その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
ページトップへ